【家呑み】福島県南会津地方で一二を争う酒蔵の銘酒!国権酒造「俺の出番」

こんにちは、OKP(@283_okada)です。

本日は福島の美味しい日本酒をご紹介します♪

福島は米どころで日本酒が美味しいことが有名ですが、種類が多すぎて何が美味しいのかよくわからない!という方にはアイデアのひとつとして必見の内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

特別本醸造 俺の出番

内容量:720ml
店頭価格:1,650円(税込)
原料米:〈麹米〉五百万石〈掛米〉五百万石
精米歩合:60%
アルコール分:15.9度
日本酒度:+4.5
アミノ酸:1.2
酸度:1.2

特別本醸造 俺の出番とは

こちらは創立明治10年、福島県南会津の蔵元「国権酒造株式会社」さんが造られた日本酒です。

酒造りへのこだわりは以下の3点です。

  • 米のこと
    商品のコンセプトにより、使用原料米の品種と精米歩合を変えていて、原料米の生産地は地元南会津はもとより、兵庫県、富山県、長野県、秋田県さんを使用している。
    平均精米歩合は、約55%で地元南会津では蔵人も栽培し、会津盆地では全ての栽培を契約している
  • 水のこと
    南会津地方は国内でも有数の原生林が残っており、その恩恵を受けて酒造りを行う。
    また降雪量も多く、年間を通じて豊かで柔らかみのある水を自社井戸から汲み上げている。
    100年以上この命の水を酒とともに大切に守っている。
  • 人のこと
    岩手県石鳥谷(いしどりや)町を拠点とする、日本酒を造る代表的な杜氏集団の一つ、南部杜氏(なんぶとうじ)である「佐藤吉宏」による大吟醸酒は全国新酒品評会において県内でも有数の金賞受賞歴を持ち、全ての商品においてお客様に喜ばれるよう丁寧にそして正直な酒造りを基本としている。
    若い蔵人もまた新しい技術と杜氏の技の融合を目指して研鑽を積んでいる。

また、今回ご紹介する「特別本醸造 俺の出番」は端麗で有りながらも、酒の芯をちゃんと残しつつくどすぎない、しかし物足りなさもない、まさに酒飲みの酒です。

辛口でありながら軟水仕込みのため、最初は柔らかな口当たりで、喉越しで辛さを感じる酒質です。

いざ呑む!

一口飲んだ瞬間、甘口かな?と思うぐらいに柔らかい口当たりですが、喉を通り抜ける際にようやく辛さが「俺の出番だ!」と言わんばかりに主張しながら通り抜けるような美味さです。

私は辛口の日本酒が好みで、常温で味わいましたが、今まで呑んだ日本酒の中でトップクラスに美味しいと感じたお酒です!

福島の美味しいお酒の特徴は冷で呑んで美味しいことはもちろん、常温で呑んでも美味しいことです!

また、安いお酒であれば、熱燗にしてやっと呑めるという感じですが、福島の美味しいお酒は熱燗にするのは勿体無いぐらいなので、個人的なおすすめはぜひ最初は常温、飲みづらければ冷で飲んでください!

また、こちらの商品はネットでも購入できますので、興味がある方は以下のリンクよりぜひチェックしてみてください♪

本日も最後までご覧いただきありがとうございました! 福島の日本酒の進化が止まらない!

コメント

タイトルとURLをコピーしました