【福島名物ソースカツ丼】バナナマンの「せっかくグルメ」で紹介された有名店!「白孔雀食堂」へ

こんにちは、OKP(@283_okada)です。

本日は美味しい福島名物のソースカツ丼のご紹介です!

本場のソースカツ丼を食べたいけど、お店が多すぎて何が美味しいのかよくわからない!という方にはアイデアのひとつとして必見の内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

【会津若松市宮町】白孔雀食堂

  • お店はバナナマンの「せっかくグルメ」でも紹介された有名店
  • お店の場所はJR磐越西線「東長原」駅徒歩30分 ※車で行くことをおすすめします
  • 人気メニューは「元祖ソースカツ丼」
  • 営業時間は11〜15時30分頃 ※売り切れ次第閉店、繁忙期は13時頃に終わることもあり
  • 定休日は月曜・金曜(祝日の場合は営業)
  • 店内の席数はテーブル、小上がり合わせて「22席」
  • 待ち時間はなし

食べログのサイトをみる

お店の場所

白孔雀食堂とは

白孔雀食堂の会津の名物ソースカツ丼を創業以来70年以上の月日をかけて継ぎ足しで作ったソースで変わらぬ味をお届けされています。

一番の売りは脂身をカットした上質の豚ロースを、自家製ラードで揚げた香ばしいカツで、一度食べたらやみつきになる味付けが特徴です。

また、お店は福島の人気ソースカツ丼ランキングで1位、さらに2017年9月10日放送のバナナマンの「せっかくグルメ」で紹介された超有名店です。

そして、お店のビジュアル的にはかなり敷居が高そうな感じですが…(良い意味で観光客にこびず、見た目より味で勝負している感じ)味は保証します笑

いざ試食!

名物タレカツ丼(1,400円)

この蓋がもはや2枚のソースカツの帽子になってしまっているような強烈なビジュアルに圧巻でした。

食べるときはソースカツ1枚を蓋の上に置いて、1枚ずつ食べますが、見た目とは違いソースカツが厚すぎず薄すぎずの絶妙な具合で、甘めのソースがたっぷりと染み込んだカツを一口食べると、口の中がまるで養豚場になったような感じで、豚の旨味が広がり、口がご飯を強く求めます。

ご飯を口の中にほりこむとソースカツとの絶妙なコンビネーションを発揮し、ソースカツ→ご飯→ソースカツの無限ループが止まりません。

ただ、ペース配分をうまくしようとしても、ソースカツの割合が圧倒的に大きい為、+100円でご飯を大盛りにすることをおすすめします!

食べ盛りの男性にとっては、これでも物足りないぐらいですが、女性にとってはソースカツ丼が1枚余ることがあるかと思いますので、1枚はお持ち帰りして、家で翌日食べても良いかもしれません。

ここは5年以上前に初めて食べた瞬間からファンになり、それから私が毎年福島に行くたびに必ず行くお店で、福島のソースカツ丼の中でも頭ひとつというか体ひとつ分ぐらい群を抜いて美味しくて、もはやソースカツ丼界でなく日本ソースカツ丼でもトップに君臨するソースカツ丼だと思います。(どこかで聞いたような台詞?笑)

私が今まで食べた中で間違いなく一番うまいソースカツ丼ですので、カツ丼好きの方は必ず行くことをおすすめします!

コロナの時期は臨時休業も多いですが、空いている時はお持ち帰りもできるため、ぜひTwitter(ツイッター)などで開店状況を事前にチェックした上で行くことをおすすめします!

そして、最近ではお持ち帰りメニューもあるため、コロナ過や子供連れでお店で食べるのは大変!という方にはぜひお持ち帰りもおすすめです!

テイクアウト カツ弁当(1,400円)
※マルコメのわかめだし入りみそ汁(レトルト)とおしぼりとお箸付き
※出来上がり2時間以内にお召し上がりください

また、美味しいの福島名物のソースカツ丼のお店を教えてよ!という方に向けて過去にマイソースカツ丼ランキングの記事を書いていますので、興味がある方はぜひ以下のリンクよりチェックしてみてください!

本日も最後までご覧いただきありがとうございました! ソースカツ丼も進化が止まらない!

コメント

タイトルとURLをコピーしました