【家呑み】福島県南会津地方の美味しい銘酒!開当男山酒造「開当男山」特別純米原酒

こんにちは、OKP(@283_okada)です。

本日は福島の美味しい日本酒をご紹介します♪

福島は米どころで日本酒が美味しいことが有名ですが、種類が多すぎて何が美味しいのかよくわからない!という方にはアイデアのひとつとして必見の内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

開当男山 特別純米原酒 夢の香

内容量:720ml
店頭価格:1,340円(税別)
原料米:米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:60%
アルコール分:17度

開当男山(かいとうおとこやま) 特別純米原酒とは

こちらは創業は享保元(1716)年、福島県南会津の蔵元「開当男山酒造」さんが造られた日本酒です。

創始者の当家3代目渡部開当(はるまさ)の開当がそのまま銘柄となっていて、以来14代、300年にわたり寒冷地を生かした独自の酒造りに取り組まれています。

現在は、蔵人すべてが地元の者になり、昼夜を通してよりいっそう丁寧な造りに励まれていて、「全国新酒鑑評会」においては、近年も多数受賞されています。

また、今回ご紹介する「開当男山 特別純米原酒」は福島県が膨大な予算と時間を費やして開発した酒造り適米「夢の香」を100%使用した特別純米原酒で、やわらかな香りで、爽やかなあじわいが特徴です。

いざ呑む!

一口飲んだ瞬間、程よい旨味と酸味が口の中に広がり美味しかったです!

私は常温で味わいましたが、日本酒にしては少し度数が高めの17度ということもあり、喉越しが抜群に美味しいと感じたお酒です!

福島の美味しいお酒の特徴は冷で呑んで美味しいことはもちろん、常温で呑んでも美味しいことです!

また、安いお酒であれば、熱燗にしてやっと呑めるという感じですが、福島の美味しいお酒は熱燗にするのは勿体無いぐらいなので、個人的なおすすめはぜひ最初は常温、飲みづらければ冷で飲んでください!

ちなみに私と同じ「日本酒は辛口が好き!」という方は、迷ったら南会津の酒蔵の「国権酒造」か「開当男山酒造」のお酒を選べば間違いはありません!

この2酒造は私の中で甲乙付け難いぐらいのレベルの高さで他の酒造より群を抜いていると感じています!

また、こちらの商品は現地でしか購入できませんが、同じ系統のお酒はネットでも購入できますので、興味がある方は以下のリンクよりぜひチェックしてみてください♪

開当男山 特別純米夢の香  720ml

本日も最後までご覧いただきありがとうございました! 福島の日本酒の進化が止まらない!

コメント

タイトルとURLをコピーしました