【京都絶品ランチ】南国情緒あふれるお店!タイ料理とバリ料理の夢のコラボ「熱帯食堂」へ

こんにちは、OKP(@283_okada)です。

旅行行きたい!でも行けない!でも南国感だけは味わいたい!欲を言えば美味しい海外の料理も食べたい!

本日はそんな方の悩みを解消すべく京都の南国グルメをご紹介します♪

スポンサーリンク

【お店情報】熱帯食堂 四条河原町店

  • お店は南国風でタイ料理とバリ料理が同時に味わえる
  • お店の場所は阪急電鉄「河原町」駅1番出口(木屋町南出口)より徒歩約1分
  • 人気メニューは「熱帯スペシャルランチ」
  • 営業時間は昼11時〜14時30分、夜17時〜21時まで
  • 定休日は火曜日
  • 店内の席数はカウンターとテーブル合わせて「44席」
  • 待ち時間はなし

食べログのサイトをみる

お店の場所

いざ試食!

 

ムートーッナムプリクオン(900円)

さて、いきなり意味不明な専門用語が出てきて後退(コウタイ)した方もいらっしゃるかと思いますので解説ですが、名前の冒頭にある「ムートート」とはタイ語で豚の唐揚げを示すそうです。日本でいうトンカツのようなものでソースや醤油、ニンニクなどで下味をつけたお肉に小麦をつけてサクサク香ばしく揚げています。これを食べやすいように細かくカットして少し辛めのタレをかけて食べるのが一般的です。程よい脂っこさでご飯が進みます。

実際の料理はこちら

こちらのお店ではタレがタイ風のミートソースディップになっています。少しピリ辛で豚カツがより美味しくなります♪

また、付け合わせの野菜をディップしても美味しいです♪

ちなみにしれっと「ナムプリクオン」の部分を流しましたが、ネットで検索しても意味が出てきませんでした…涙

タイの方、もしくはタイ語がわかる方はコメント欄で意味を教えていただけますと幸いです!

本日も最後までご覧いただきありがとうございました! コップンカー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました