【神戸絶品ランチ】元町で美味しい明石焼きが味わえる!「たちばな」へ

こんにちは、OKP(@283_okada)です。

皆さんは「明石焼き」をご存知でしょうか?

本日は神戸名物の明石焼きが美味しいお店をご紹介します♪

スポンサーリンク

【お店情報】明石の活たこ たちばな

  • お店は1956年創業の老舗明石焼き店
  • お店の場所はJR西日本「元町」駅より徒歩約2分
  • 人気メニューは「たこ焼」※明石焼です
  • 営業時間は11時〜19時30分まで
  • 定休日は年末年始、10月の第3月曜日
  • 店内の席数はカウンターとテーブル合わせて「約50席」
  • 待ち時間は10〜15分

食べログのサイトをみる

お店の場所

いざ試食!

たこ焼・一人前(650円)
※写真は二人前です。

明石焼きとは、神戸風のたこ焼きで玉子が主でふわふわの生地の中にたこが入っている焼き物で、だし汁につけて食べるのが一般的です。

以下はある明石焼き専門店にあったプレートで話題となった大阪と神戸のたこ焼きの違いです。

神戸のたこ焼き(明石焼き)大阪のたこ焼き
丸いが平ぺったいボール状
中の具タコだけタコ・紅生姜・ネギなど
硬さ柔らかくてもくずれない硬いダンゴ状
銅板製鉄板製(鋳物)
食べ方つめたい汁で冷やして食べるソース・青のりなど
材料玉子が主であるメリケン粉が主である

非常にわかりやすいですよね笑

これらの違いを踏まえて気になるお味ですが、熱々の玉子にくるまれたタコがええだし汁に浸かって最高に美味かったです!

明石焼きは玉子が多めの大玉で、焦がすことなく綺麗に熱々に焼かれています。

この明石焼きを三つ葉がたっぷりと入った温かいお出し汁につけて食べるため、猫舌の方は最初飛び上がるほど熱いのでお気をつけください笑

また、こちらのお店では珍しく甘口と辛口のソースがあり、たこ焼きとしてもいただけるのが良いですね。

私も食べましたが、これはお出し汁につけて食べるのが美味しいなと感じました。

神戸に観光に訪れた際はぜひお立ち寄りください!

本日も最後までご覧いただきありがとうございました! 神戸の明石焼きは大阪のたこ焼きとジャンル違いで美味い!

コメント

タイトルとURLをコピーしました