【投資レポート-仮想通貨編】買って良かったエイダコイン!ADA

こんにちは、OKP(@283_okada)です。

本日は久々の「買って良かったシリーズ」の記事で、先日紹介した月別投資レポートを掘り下げてご紹介します!

こちらは投資運用資金の約5%以内の範囲を超えて購入したものですが、今後期待の暗号資産(仮想通貨)となりますのでその魅力をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

ADA(エイダコイン)

ADAの魅力
  • スマートコントラクト機能で取引を自動化
  • 日本の暗号資産取引所でも取り扱いがされている
  • 時価総額が7位で安定している
  • Cardanoブロックチェーンで利用するために作られた仮想通貨

ポイントはこの4点を覚えておくだけでOKです。

最近の暗号資産(仮想通貨)と言えば、時価総額で不動の1位である「ビットコイン(BTC)」が有名ですが、その次に名前が出てくるぐらい知名度が高いのが時価総額で不動の2位である「イーサ(ETH)」です。

そしてこのエイダコイン(ADA)は数あるアルトコインの中でも「イーサリアムキラー」として人気が急上昇中のコインです。

また、暗号資産(仮想通貨)のリスクは市場でドルや円のような通貨として認められないと価値がなくなることですが、エイダコイン(ADA)はカルダノというプラットフォームでオンラインカジノをプレイするときに利用できるだけでなく、ブロックチェーンの技術開発やイーサリアムと同様にスマートコントラクト(自動取引)を実装し、実用化が進められているプロジェクトのため、将来的には価値がイーサ(ETH)を超えることが期待されている唯一無二の暗号資産(仮想通貨)です。

また重要なのが過去のパフォーマンスとボラティリティ(価格変動)の高さで、2018年の設定以来の価格チャートは以下の通りです。

2022年2月現在のADAの設定以来の価格チャート

2018年の上場後に一気に上昇し、すぐに暴落してから約3年は底値が続きましたが、2021年の暗号資産(仮想通貨)のブームで急上昇し、またブーム後に大暴落していることがわかるかと思います苦笑

ただし、エイダコイン(ADA)に関してはブロックチェーン技術やスマートコントラストの実装により実用性が期待されていることから、大暴落後も元に戻ってさらに右肩上がりで上昇し、ブーム時の高値を更新していることがわかります。

これが私の投資した理由ですが、私は2022年1月中旬ごろの暴落時に1ADA:123円の時に購入し、現在では1ADA:121円までさらに下落しています。

このチャートを見てわかる通り、ボラティリティ(変動幅)の大きさゆえに毎日チャートを眺めていても全く値動きが読めないため、集中投資するのが危険なことが目に見えてわかるかと思いますが、大暴落から底値が続けばなんとなくベースとしては上がることがわかりますので、運用資産の5%以内であればガチホ(長期保有)しても良いかなと思います。

これがまず基本概念として重要なポイントです。

2022年2月現在の投資価値

エイダコインはバイナンスなど海外の大手取引所だけでなく、国内の仮想通貨取引所であるGMOコインやBITPOINTでの取り扱いが開始されたこと、時価総額の高さも考慮すると「投資価値は十分にある」かなと思います。

また、ステーキング(貸し仮想通貨)では一年で約6%ものリターンを得られて、高利回りも魅力的です。

1万円を預けるだけで600円ももらえるなんて夢のようなことですね笑

またこちらは私も使っているBINANCE(バイナンス)でステーキングした場合の利率となりますので、登録がまだの方はぜひこの機会にご登録して暗号資産(仮想通貨)のほったらかし運用で不労所得を稼ぎましょう笑

興味のある方は以下のリンクよりご登録いただくことで、仮想通貨の購入手数料がなんと永久的に10%割引を受けられますので、お見逃しなく!

\ お得な招待コード付きリンク!/
BINANCE(バイナンス)に
今すぐ無料登録はこちら

また、BINANCE(バイナンス)の公式HPやアプリをダウンロードして今すぐ登録できるよ!という方は登録時に招待コード「LIMIT_VLTO09TA」をご入力いただくことで割引が得られますので、ぜひご活用ください!

さらに、エイダコインの開発者は天才数学者のチャールズ・ホプキンソン氏で、イーサリアムの開発にも関わっていた方ということもあって、エイダコインは将来有望のコインとして期待されています。

最後に

皆さん、仮想通貨投資の魅力は伝わりましたでしょうか?笑

今回の記事は私同様に投資初心者向けに書いた記事となりますので、難しい専門的な用語などは極力控えているつもりですが、これで興味を持ってもらえると幸いです!

また、2021年5月からの資産運用に関する結果レポートは以下にまとめていますので、ぜひ参考にご覧ください!

本日も最後までご覧いただきありがとうございました! 皆さんも、ぜひ資産運用で一緒に金の卵を産むニワトリを育てましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました