【京都贅沢ランチ】お肉がくるりんぱ!?韓国料理「チャドルバギ」を食す

こんにちは、OKP(@283_okada)です。

お肉がくるりんぱ?チャドルバギ?意味不明のオンパレードやでー!って思った方✋

私も最初はそう思いましたが、今回は一度食べたらまた必ず食べたくなる絶品韓国料理の「チャドルバギ」をご紹介します!

スポンサーリンク

【お店情報】brisket RONY(ブリスケ ロニー)

  • 国産黒毛和牛がリーズナブルな価格で味わえるお店
  • お店の場所は京都市営地下鉄「四条」駅から徒歩約5分
  • 人気メニューは「チャドルバギ定食」
  • 営業時間は11時30分〜22時
  • 定休日はなし
  • 店内の席数は1Fと2F合わせて「約50席」
  • 待ち時間はなし

食べログのサイトをみる

お店の場所

いざ試食!

チャドルバギ定食(1,500円)

さて写真の部分で「くるりんぱ」の「くるりん」が見えたので「ぱ」の部分はだいたい想像できた方もいらっしゃるかと思います笑

ここで「チャドルバギ」についての説明ですが、韓国語で「チャドルバギ」は料理名で牛肉の部位「あばら肉」を使った料理です。ちなみにこのお店の「ブリスケ」は牛肉の部位を示す名前です。

この「あばら肉」は牛の前足の付け根の部分にあるお肉で白色で少し硬く脂身多めなのが特徴ですが、薄くスライスすることであっさり美味しく食べられるような工夫がされています。

そしていよいよ…

「くるりんぱ」の「ぱ」でドーム型の鉄板で焼くとお肉が開きます。開いて両面に焼き色がついたら食べごろで、これを手前の辛くない唐辛子入りのポン酢につけて食べるのが韓国流であっさりした味でご飯によく合います。ご飯はおかわり自由なので食べ盛りの方はごはん3杯ぐらいは余裕でいけるかと思います!

また、鉄板の周りにはネギ入りの薄い卵焼きがありますが、これをお肉で巻いて食べるのも美味しいです。

写真はありませんが、定食にはほんのり牛肉の旨みが染み込んだスープもついているので、少し脂っこいなと感じたときに飲むと少し中和できてまたチャドルバギが食べたくなりご飯を食べる手が止まりません笑

毎日通うとお財布事情的に厳しい方もいらっしゃるかと思いますが(私も…)たまの贅沢におすすめのお店です♪

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!緊急事態宣言が解除されたのでマナーを守って美味しいチャドルバギを食そう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました