【バッテリー式の電気シェーバーからの脱却】充電しながら使用できるブラウンの髭剃り

こんにちは、OKP(@283_okada)です。

皆さんは先日2021年6月21日〜22日に開催された年に1回のセール「Amazonプライムデー」で何を買われましたか?

今回は昨日の記事に引き続き「Amazonプライムデー」で爆買いした商品でバッテリー式の電気シェーバーの悩みを解決する商品をご紹介します!

スポンサーリンク

電気シェーバー ブラウンシリーズ3 3020s-B

今回は思い切って今まで使っていた電気シェーバー「フィリップス 5000シリーズ」からの乗り換えてみました。以前使っていたモデルはこちら

Philips(フィリップス)の電気シェーバーは回転式でクリームを塗らずに髭を剃れるほど肌に優しいこととシェーバー音がうるさくない点に魅力を感じて約5年ほど愛用していました。

肌の弱い私はなるべく肌に負担をかけない電気シェーバーを選んだほうが良いと思って10年以上前に始めてからPhilips(フィリップス)以外のメーカーの電気シェーバーを使ったことがありませんでした。

その私が今回思い切ってメーカーを変えた一番の理由はバッテリー式からの脱却でした。

実際に使用してみて

Braun(ブラウン)の電気シェーバーは往復式ですが、肌への負担は優しいやないか!しかもそんなうるさくないやないか!

実際に使ってみて実感したのは日々メーカーの技術は進歩していて肌への負担とシェーバー音については大手メーカーであればどこもそんな変わらへんかもしれへんと感じました。

また剃り味に関しては長年使用していると刃が劣化してくるため、もって3年ぐらいなのかなと感じます。

であれば、あとはその他のポイントが重要になってくるかと思いますが、今回私の一番の購入目的であった電源方式の違いです。

これまでは手軽さと値段の安さ(コスパの良さ)の観点からバッテリー式を選んでいましたが、前回使っていた電気シェーバーのバッテリーの寿命で毎回20分ぐらい充電してやっと5分ぐらい使えるという状況になってしまいました。

この状況ですと、朝の忙しい時に20分前に充電して5分以内で終わるよう必死に髭を剃ってと気を使うことが多く、また20分前に充電し忘れた時は一部の髭剃りを諦めたりと半年ぐらいはめちゃめちゃ不便な生活を送っていてそろそろ限界を感じました。

1年ぐらい前からバッテリーがもたないなと感じていたので、バッテリー式だとバッテリーが切れたら終わりなので、コロナ前は約週5〜6使っていることを考えるともって3年ぐらいなのかなと感じました。

そこで、今回はバッテリー式の不便さを解消するために電源タイプを充電・交流式に変更しました。これは充電後はバッテリーでも使えるし、充電中も電源を差しながら使えるということです。

電気シェーバーを使っている方ならこの良さが一瞬でわかったかと思いますが、充電し忘れた時にすぐに使えるのが一番のメリットです。携帯電話も同じですが、充電し忘れてることって結構ありますよね?そんな時に携帯電話であれば持ち運びバッテリーを使って充電しながら使うこともあるかと思いますが、そんな感じで気軽に使えるのが良いなと感じました。

むしろ、ほぼ毎日使い使う時間が限られているものに関しては、充電式のみだとバッテリー切れのリスクが高いので危険だなと感じる良いきっかけとなりました。

でも充電・交流式だと値段が結構高いんちゃうのって思った方?✋

気になる今回の商品のお値段ですが…

値段は5,650円!と意外と安めです。ちなみに前回使っていたPhilips(フィリップス)の電気シェーバーは7,980円なので、ブラウンの方がコスパ最強でした!

本日も最後まで記事をご覧いただきありがとうございました!私と同じくバッテリー式の電気シェーバーから脱却したい方の良い参考になれば嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました